フライパンピザ2種

フライパンピザ2種

フライパンピザ2種

栄養成分表

●マルゲリータ(1台分)
カロリー 974kcal
炭水化物 126.3g
脂質 33.5g
たんぱく質 36.4g
●ベジタブルピザ(1台分)
カロリー 967kcal
炭水化物 128.2g
脂質 33.7g
たんぱく質 34.6g

ふっくら、もちもちの生地がおいしい本格ピザに挑戦!ベタつくピザ生地もセラフィット フュージョンの上で伸ばせば、打ち粉もいらずこびりつく心配がなし。取っ手がはずれるから、そのままオーブンで焼くことができます。トッピングは自由にアレンジを。ご家族みんなでワイワイつくれば、楽しさが倍増します。

材料(直径24cmのピザ2枚分)

ピザ生地
強力粉 300g
ドライイースト 小さじ2
砂糖 小さじ1
小さじ1
オリーブ油 小さじ1
ぬるま湯 180cc
トマトソース
トマト缶(カット) 1缶(400g)
にんにく 1片分
小さじ1
マルゲリータの具
トマトソース 大さじ5
トマト 1個
モッツァレラチーズ 50g
ピザ用溶けるチーズ 20g
少々
こしょう 少々
オリーブ油 適宜
バジルの葉 8枚
ベジタブルピザの具
トマトソース 大さじ5
ズッキーニ 1/2本
なす 1個
マッシュルーム 3個
ピーマン 1個
ベーコン 20g
少々
こしょう 少々
タイム 適宜
ピザ用溶けるチーズ 40g
オリーブ油 適宜

作り方

<生地とトマトソース>

1.生地の材料を混ぜる

ボウルに強力粉、ドライイースト、砂糖、塩を入れて混ぜておく。ぬるま湯を注いで手で混ぜ合わせる。

2.オリーブ油を入れる

生地がまとまって粉気がなくなったら、オリーブ油を加える。ボウルの中で3分ほどよくこねる

3.発酵させる

ボール状に丸めたら、滑らかな面を上にして置き、表面に少量のオリーブ油(分量外)を塗る。大きめの別のボウルに沸騰させた湯を入れて、生地の入ったボウルを浮かべラップをかける。約20分放置して発酵させる。

4.ガス抜きをする

元の生地の2倍程度に膨らんだら、湯から引き上げてラップを外す。生地の上から手のひらで押さえつけるようにしてガス抜きをする。

5.2次発酵させる

まな板の上に生地を裏返して取り出し、包丁で半分に切る。それぞれ丸くまとめたらバットに並べて濡れ布巾を被せる。そのまま約20分間置いて2次発酵させる。

★2次発酵終了後は保存が可能。生地を保存するときは濡れ布巾に包み、さらにラップをかけて冷蔵庫へ。円形に薄く伸ばしてからラップに包めば冷凍保存することもできる。おいしく召し上がれる期間は冷蔵庫で1~2日、冷凍庫で1~2週間程度。

6.トマトソースをつくる

セラフィット フュージョンにトマト缶、みじん切りにしたにんにく、塩を入れたら、弱火~中火で半量になるまで時々混ぜながら煮詰める。

<マルゲリータ>

7.生地を薄く伸ばす

セラフィット フュージョンに生地を置き、フライパンの大きさいっぱいまで手で薄く伸ばす。中心から外に向けて広げて、厚みが均一になるようにする。

8.ソースと具をのせる

具材のうち、トマトは半分に切ってヘタを取ったら、それぞれ4等分の櫛形に、モッツァレラチーズは5mm厚さに切る。(7)の生地の上にトマトソースを塗り、トマトとモッツァレラチーズを放射状に並べる。ピザ用溶けるチーズを散らし、塩、こしょう、オリーブ油を全体にかける。

9.オーブンで焼く

中火にかけて約3分生地の底面に薄く焼き色が付いたら、200℃に熱したオーブンで約10分焼く。チーズがとろりと溶けたら、バジルの葉をトッピングする。
※オーブンに入れる際は、取っ手とガラス蓋を必ず外すこと。

<ベジタブルピザ>

10.具材を切る

マッシュルームは軸を除き、ピーマンは半割にしてヘタと種を除いて、さらに横に半分に切っておく。ナイサーダイサー スマートを使ってそれぞれ角切りにする。ズッキーニと茄子はヘタを取り、ナイサーダイサー スマートで縦に薄くスライスする。ベーコンは1cm幅に包丁で切る。

11.ソースと具をのせる

マルゲリータと同様に、セラフィット フュージョンに生地を薄く伸ばす。トマトソースを塗ったら、薄切りのズッキーニと茄子を交互に重ねながら放射状に並べる。角切りのマッシュルームとピーマン、ベーコンをのせる。ピザ用溶けるチーズと塩、こしょう、タイムの葉を散らし、オリーブ油を回しかけたら中火で3分加熱する。その後、取っ手とガラス蓋を外したセラフィット フュージョンを200℃に熱したオーブンで約10分焼く。
※オーブンに入れる際は、取っ手とガラス蓋を必ず外すこと

ワンポイント
どんな食材スル~ッと滑るのが、セラフィットの魅力。ベタつくピザ生地も打ち粉なしできれいに伸ばすことができます。さらに、取っ手の取りはずしができるセラフィット フュージョンなら、生地の底から火を入れた後、そのままオーブンへ。焼き上がったら、取っ手を再びつけるだけでスムーズに取り出せて、そのままテーブルに出すこともできます。
レシピ考案:管理栄養士 鎌田 由美 写真:佐々木 辰生 ライター:上島 寿子 スタイリスト:小泉 朗子