レタスとハムのパラパラチャーハン

レタスとハムのパラパラチャーハン

レタスとハムのパラパラチャーハン
★使用器具: セラフィット

栄養成分表

カロリー 363kcal
炭水化物 45.8g
脂質 12.8g
たんぱく質 13.0g

強火で一気に炒めるのがチャーハンのセオリーとされていますが、これは弱火が基本。ゆっくりと炒めていくと、ごはんの一粒一粒がパラッとほぐれた嬉しい出来映えになるから不思議です。強火にかけないから、お子さまと一緒に作るのにもぴったりです。

材料

冷やごはん 240g
レタス 40g
ハム 30g
2個
サラダ油 小さじ2
小さじ1/3
白コショウ 少々

作り方

1.材料を切る

レタスは2cm角に、ハムは1cm角にそれぞれ切っておく。

2.ぬめりを落とす

冷やごはんを大きめのザルに入れ、ごはんのぬめりを落とすために軽く水をかけて洗い、箸でほぐす。

3.コーティングする

サラダ油を(1)のごはんにかけて箸で混ぜ、1粒ずつごはんをコーティングする。これがパラパラの秘策。ザルから余分な油は落ちるので、ベトベトしない。

4.半熟卵を作る

卵をボウルに割って解きほぐす。セラフィットを弱火にかけて、油をひかずに卵を入れ、半熟状になるまで炒める。

5.炒める

弱火のまま(3)のご飯を入れて炒める。全体がパラッとしてきたら1を加えてさらに炒め、塩と白こしょうで味付けする。最後30秒、中火にして炒めて香ばしく仕上げる。

ワンポイント
パラパラに仕上げるには、冷やごはんを使うのが鉄則。温かいごはんは粘りが出てしまうので、事前に冷ましてから使いましょう。水洗いして油でコーティングしたら、すぐに炒めること。そのまま置くと粘りが出るので注意してください。炒めるときは終始、弱火をキープ。これはごはんの水分が飛び過ぎてパサパサになるのを防ぐため。セラフィットを使えば、卵にもふんわりと火が通り、味わい豊かなチャーハンが出来上がります。
レシピ考案:管理栄養士 鎌田 由美 写真:佐々木 辰生 ライター:上島 寿子 スタイリスト:小泉 朗子

レシピで使用した調理器具はこちら